目の紫外線はブロックされていない…サングラスの意外な落とし穴!

Posted by 店長 橋本 on


意外な落とし穴の正体はコロネオ現象なんです。

サングラスをしていても反射した紫外線が横から入ってくる!

サングラスと顔の隙間から入る紫外線は角膜周辺で屈折し、目の鼻側に集中します。
これは『コロネオ現象』と呼ばれ、目に強いダメージを与えます。

サングラスをしていても反射した紫外線が横から入ってくる!

紫外線はお肌に悪いだけではありません。目にとっても大敵です!

紫外線が原因のひとつである「翼状片(よくじょうへん)」という白目の病気がありますが、屋外の労働が多い方やゴルフ、テニス、サーフィンなど屋外で長時間過ごすスポーツをされる方に多い病気です。
通常年配の方に多い病気ですが、 UCLAの大学病院で診察していると、「翼状片」が20代くらいの若者に多いのに驚かされました。また、これも紫外線が原因のひとつと言われている「白内障」や「加齢黄斑変性症」の患者様もたくさん見られました。

眼科医推奨!コロネオ現象対策に特化したサングラス。

あらゆる角度の紫外線から目を守るメニィーナ

紫外線が目に与える影響の研究の第一人者である金沢医科大学眼科学の佐々木洋教授指導のもと、紫外線測定実験により特性が実証された製品です。

コロネオ現象対策が本当の目のUV対策

目の側面や斜め上から導入する紫外線を抑えることを目的に開発されました。
白内障予防に最適です。

コロネオ現象対策が本当の目のUV対策

眼部UV被ばく量の計測をもとに、UV対策を目指したサングラス

外部から侵入してくるUVをできるだけカットするように、日本人(東洋人)の骨格に合わせ、顔とサングラスの隙間を少なくテンプルを太くしています。
かつサングラスをかけたときの圧迫感を軽減し、狭視野にならないような工夫がされています。

眼部UV被ばく量の計測をもとに、UV対策を目指したサングラス

スタイリッシュなフレームデザイン

男女兼用で使用できます。度は入っていません。
フレームデザインとレンズカラーが違う6種類があります。

フレームデザイン

CTA画像
安価で高品質な眼科医おすすめサングラスがオンラインショップで購入できます!
紫外線が目に与える影響研究の第一人者である佐々木洋教授(金沢医科大学眼科)の指導のもと、紫外線測定実験により特性が実証された製品です。
サングラスと顔の隙間から入る紫外線は角膜周辺で屈折し、目の鼻側に集中します。これは「コロネオ現象」と呼ばれ、目に強いダメージを与えます。
「メニィーナ」は目の側面や斜め上から進入する紫外線を抑えることを目的に開発されました。
「メニィーナ」販売ページはこちら

この記事を書いた人

店長 橋本

望月メディカルネット公式ブログ「目の病気まとめネット」の運営担当者です。
大切なあなたの両目を守るため、目が健康になる記事や目の病気予防になる記事を選んで更新しています。
ぜひ参考にしてください。

関連記事